初心者でもよく理解できる!骨董品買取における疑問や高額査定のコツをご紹介します!

このサイトは初心者でもよく理解できる、骨董品買取における疑問や高額査定のコツをご紹介しています。
自宅に売りたいアンティークの品があるのなら、ぜひ参考にして売却を目指してみてください。
骨董アイテムの売却におけるよくある疑問には、傷や汚れがあると買い取りの対象外になるのかというものがあります。
また鑑定書や付属品を紛失したが買い取ってくれるのか、ということも疑問になりがちです。
こういった内容を解説しているのがこのサイトです。

初心者でもよく理解できる!骨董品買取における疑問や高額査定のコツをご紹介します!

骨董品を売ったことがない初心者であるため、どのような業者にいれば良いか分からないという人もいるのではないでしょうか。
骨董品を扱う業者も色々ありますが、高く売るためには骨董品を専門に扱っている買取業者を利用するのがおすすめです。
また高額査定のコツとしては、付属品も併せて査定に出すということが挙げられます。
さらに保存状態も査定額には影響するポイントなので、簡単に取れる程度の埃は落としておくのがおすすめです。

骨董品とはアメリカ通商関税法では製造時点から100年を経過した手工芸品や美術品と定義

骨董品とは、アメリカの通商関税法で定められた定義によると製造から100年を経過した手工芸品や美術品とされています。
骨董品と同じような意味で用いられるものにアンティークがあります。
アンティークも定義は同じですが、骨董品とは主に美術的価値が高いものを呼ぶことが多いというのが、アンティークとの違いになります。
両者とも職人が一つ一つ丁寧に手作業で作っているものであるため、同じものがなく価値が高いことには変わりありません。
骨董品は物品のジャンルは問わず、古いことと希少価値が重要とされています。
そのため、食器やおもちゃ、宝石や家具など種類は多岐にわたります。
文化遺産の保護として骨董品の輸出するのを規制している国もあります。
骨董品は現在流通しているものではない為、定価はありませんが、製作者などの条件によって相場価格があります。
相場価格はよっぽどのことがない限り上回ることはなく、保存状態によっても価格が変わるため丁寧に扱うことが重要になります。

骨董品の価値を決定づけるのは希少性や作品の芸術的評価

骨董品の買取をしているお店では、その品物の価値に見合った価格をつけて買い取っています。
骨董品の価値を決める上で重要な要素となるのは、希少性と作品の芸術的な評価です。
この2つのどちらかを持っているだけでも、高額で評価されることが多いですが、両方の条件を満たしている場合には、さらに高額での買取が期待できます。
希少性のあるものは、中古市場に持ち込まれることもあまりないために、その分貴重な存在になっています。
希少性の少ないものにはいくつかのタイプがあり、もともと生産された数が少ないものも希少性が高くなることが多いです。
生産された数が多いものであっても、非常に古い時代に作られたものは現存するものが少なくなるため、希少性が高くなることがあります。
もう一つの評価額を決める要素である芸術的評価は、その作品が芸術的に高く評価されているかどうかで判断されます。
古い時代には芸術的に高く鑑定されていたものでも、現代ではそれほど高く鑑定されていない場合もあり、評価はいつの時代でも同じだとは限りません。

骨董品買取では作家の知名度やニーズに人気度も大きく査定に影響

骨董品は、すべてものもが高く買取がされるわけではなく、作家の知名度やニーズに大きく影響します。
価値を知っている人なら、需要が高まっているタイミングで売ることにより、高値が付く可能性を高めていくことができます。
骨董品に関して情報をチェックしていくことで、ネットでも作家に関する情報を集めていくことができるようになり、事前に買取に関する情報を集めていくことが必要です。
知名度など、事前にその売りたいものの価値を知っていくことができるように、説明が丁寧な査定スタッフを見つけられるようにすることも重要になります。
ニーズにも注目しながら、価値のあるものを高騰している時期に売れるようにするためにも、所有するものの今の価値を知ることができるようにすることも必要です。
骨董品の情報を集めていきたいときに、専門店で相談をすることによってスタッフに調べてもらうことができ、査定は無料で対応してくれるところもあります。

骨董品買取では年代や保存状態もシビアに査定額に影響する

非売品の販促物や入手不可能な廃盤商品や日本未発売のブランド品やプレミアがついたスニーカーやシリアルナンバー入りの限定商品など、買い取りにおいて評価が難しいアイテムは数多くありますが、骨董品もその代表格です。
古ければ古いほど価値が上がったり、年代や作家や保存状態や模様や色味やサイズが査定額にシビアに反映されたりなど、鑑定師の腕が試される難解なアイテムです。
本物なのか偽物なのかを確認するために、まずは骨董品買取専門店で査定してもらいましょう。
思いがけない高値が付くかもしれませんし、古いだけで価値の無いものと評価されてしまう可能性もありますので、結果が出る前の過度な期待は禁物です。
オークションサイトや全国チェーンのリサイクルショップやフリマアプリを利用して売るのではなく、骨董品の扱いに慣れていて信頼できる経験が豊富な目利きのベテラン鑑定士が在籍している買取専門店で売るべきです。
査定は無料ですので気楽に利用してみましょう。

骨董品買取における高額査定のコツその①金銀や血赤珊瑚など希少素材の物を査定してもらう

骨董品買取において、高額査定をしてもらうためのコツとして紹介できるのは、査定をしてもらう品物をしっかりと選ぶことです。
選ぶ時のポイントとなるのは、どのような素材を使用して作られているかを調べることです。
価値の高い素材を使用して作られている骨董品の方が、高額で売却できる可能性も高くなります。
骨董品に使用されている素材の中でも、特に価値が高いことで知られているのは希少性があるものです。
簡単には入手できないような素材を使用したものは、中古市場に流通している量も少ないことが多いために、高額で取引されています。
骨董品に使用されている希少な素材として代表的なものは、金や銀などの貴金属です。
これらの素材を使用した品物を持っている人は、お店に持っていけば高額での買取も期待できます。
金属以外にも希少な素材は数多くあります。
血赤珊瑚という素材も希少性が高いことで知られています。
血液のように濃い赤色をしていることが特徴の珊瑚です。

骨董品買取における高額査定のコツその②傷やカビ汚れのない保存状態の良い物を査定に出す

骨董品をコレクションしている人ならその価値をある程度把握しているけれども、遺品整理などをしているとき故人がコレクションしているものが発見されたときなど、価値の有無が分からないケースは多いといえましょう。
こんなときには、古美術品などを専門にしている買取店を使えば、骨董品の価値を最大限に引き出した形で現金化することができますが、大切に保管し続けているものでも経年劣化が生じてしまうこともありますし、逆にしまい込んだままにしていたのでカビ汚れが発生するなどのケースもゼロとはいい切れません。
品物にもよりますが、乾いた布を使って表面をきれいに掃除することで取り除けるものは査定の前に状態を良くしておくことをおすすめします。
傷などはそれを修復することは基本的には困難、特に素人がそれを修復させようとする悪化することもありますので、カビ汚れなどのような素人でもきれいに落とせるものは状態を良くすること、そして付属品類があるものはそれも骨董品とセットで査定に出すことが大切です。

骨董品買取における高額査定のコツその③落款や銘にサインなどが鮮明である

骨董品は大変貴重なもので、いつの時代にも重宝されてきましたが、買取り依頼をする場合は特に落款や銘のサインが鮮明であることが大切なポイントになります。
骨董品の貴重さはまず作家が作成した本物であることが大切ですが、本物であり、本人が作成したという証明としての刻印等はなくてはならないものと認識されていることがほとんどです。
作品の状態を判断する上でも印鑑などの部分の鮮明さは重要なポイントとなりますから、証明の部分は特に傷つけないように注意すると良いかもしれません。
もちろん刻印等がなくても個人で家庭内で使用したり、飾っておく分には問題ありませんが、商品買取りしてもらう場合はやはり良い状態のサインは貴重で、なくてはならない存在となります。
査定してもらう場合は、商品に傷をつけてしまうような自己流の修理もしないほうが賢明です。
できるだけ発見されたままの状態で取引を行う方が良い場合が多く、特に絵画や陶芸作品など場合は絶対に他人が上書きしないことが大切です。

骨董品買取における高額査定のコツその④明治時代以前に作られたものを査定に出す

骨董品買取をお店に依頼して高額査定をしてもらうためのコツは、明治時代以前に制作されたものを査定に出すことです。
大正時代や昭和時代に制作されたものでは、古いものであっても、骨董品としての価値が低くなってしまうことが多いです。
明治時代に制作されたものならば、現存しているものも少なくなるために、高く評価してもらえる可能性が高くなります。
より高額の査定額を希望する場合には、江戸時代以前に作られたもののを持ち込んだ方が、より高い値段で評価してもらえることが多いです。
江戸時代に作られたものを、現在まで保管している人はあまりいないため、それ以降の時代に制作されたものよりも、希少性が非常に高くなります。
江戸時代に作られたもので、保存の状態が非常に良いものはさらに価値が高くなります。
江戸時代の骨董品は、現在まで残っていても、品質が大きく劣化しているような場合が多いからです。
室町時代や鎌倉時代の骨董品ならば、さらに高額での買取も期待できます。

骨董品買取における高額査定のコツその⑤トレンドや人気にタイミングを見計らって査定

骨董品買取で高額査定をしてもらうためには、査定に出すタイミングも重要なポイントになります。
同じ品物であっても、時期によって査定額が大きく変化することもあるため、できるだけ高く評価してもらえる時期を選んで売却した方がおすすめです。
骨董品の評価額に影響を与える要素の一つが、時代のトレンドです。
その時代に流行しているものによっても、骨董品の査定額が変化することがあります。
普段はそれほど需要がないものであっても、最新のトレンドとして流行すれば、多くの人が欲しがることがあるからです。
需要が増えるほど必要な商品の数も増えるため、通常よりも高額で買い取ってもらえます。
テレビや雑誌などで紹介されることで流行することもあるので、テレビ番組などはこまめにチェックしておいた方が良いでしょう。
人気が上がることで買取価格が変化することもあり、有名人が集めていることが知られて、人気の骨董品となるようなこともあります。
こうしたタイミングも、売却をするには最適です。

骨董品に関する情報サイト
骨董品買取の疑問

このサイトは初心者でもよく理解できる、骨董品買取における疑問や高額査定のコツをご紹介しています。
自宅に売りたいアンティークの品があるのなら、ぜひ参考にして売却を目指してみてください。
骨董アイテムの売却におけるよくある疑問には、傷や汚れがあると買い取りの対象外になるのかというものがあります。
また鑑定書や付属品を紛失したが買い取ってくれるのか、ということも疑問になりがちです。
こういった内容を解説しているのがこのサイトです。

Search